見出し画像

マイナビ就活ガイドブックのあるきかた

先日公開した就活ガイドブック『企業研究&インターンシップ完全ガイド Summer 2022』では、『「働く」を、もっと自分ごとに』をテーマに、業界・職種研究の基礎となる知識を中心にお届けしています。

さまざまなメディアで情報を得ることができる世の中だから、「どうやって読んで、どうやって活用すればよいかよくわからないなぁ」という方もいるかもしれませんね。そこで今回は、編集部が考える就活ガイドブックの活用方法、題して『就活ガイドブックのあるきかた』をご紹介します。


①隅から隅まで読む

就職活動準備がスタートしたばかりの、時間と余裕がある時だからこそできる読み方。インタビューの言葉、企業からのメッセージ……読み進める中で気になった言葉や情報をノートに書き留めておけば、自分の考え方の整理にもつながるのでおすすめです。

②目次を見て、今の自分に必要そうなページから読む

とっても忙しくてゆっくり読めないなら、今必要な情報だけおさえておくためにも、まずは目次を見てみてください。
http://jobebook.mynavi.jp/library/22/is_summer/html5.html#page=7

気になる内容が見つかりましたか? 後日時間ができたら、今日は読まなかったページもぜひ読んでくださいね。もっと時間ができたら、ぜひ「読者アンケート」から、読んだ感想を教えてください。

③パラパラめくってみる

時間はあるけれど、いま自分に必要な情報が何かもわからない? そんなときはぼんやりとページをペラペラめくってみるだけでもいいのです。ちょっと就活準備を頑張った気分にもなれますし、自分の興味や関心に関連することが目に入って、やる気が出るかもしれません

④文字を読むのも面倒なら

就活ガイドブックには、会社の社風や事業を紹介するために、たくさんの写真やイメージを載せています。写真を眺めて仕事のイメージを膨らませるのも立派な自己分析・企業研究準備です。パッと見の印象だって重要なポイントですし、自分の直感って、意外とあなどれないものです。

◆まとめ:小さな気づきが、大きな転機につながる

「活用方法」といっても、結局は自由に読んでいただいて問題ないのですが、まずは「いまできること」からコツコツ取り組むことが大切だと思います。「就職活動準備」がはじまったからといって、いきなり自己分析が完璧にできたり、業界について完璧に理解できたり、なんていう人は、そう多くはありません。

こういう視点もあるんだ。
こんな仕事があったんだ。
この企業、こんなこともやってたんだ。
この業界、これから伸びる可能性があるんだ。
この業界とあの業界、似ているところがあるな。
この企業の社員さん、楽しそうに働いてる。

その小さな発見一つひとつが、きっと今後の選択に大きな影響を与えてくれるはず。就活ガイドブックが、そんな「発見」のきっかけになってくれるとうれしいな、と思っています。

★noteの更新情報は、Twitterでお知らせしています。ぜひフォローをお願いします!

ありがとうございます!
5
学生向けインターンシップ・就職情報サイト「マイナビ2022」で公開しているE-BOOK「マイナビ就活ガイドブック」の記事を紹介します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。